組織力を高めるならコンサルを受けてPマークとISO取得が一番

食の安全は絶対

オフィス

食の安全は、時代に関わらず重要視されていう項目であり飲食店や加工食品を扱うすべての業種の共通課題です。それぞれの企業で独自の安全管理体制を行なっていることがあるかもしれませんが、それを第三者の判断に委ねる場合はISO22000の取得が効果的でしょう。
ISO22000は、食品安全マネジメントシステムの国際規格であり、食の安全に関わるリスク低減に役立ちます。こうした国際規格を取得することのメリットは、第三者が見て判断しやすく信頼できるところ。基準が曖昧で管理体制の真意が問えないものだと、いくら企業努力を重ねても信頼を勝ち取ることができません。しかし、ISO22000のように世界共通の規格で審査を通過すれば、どこでも通用する信頼の証明になります。ですから、お店のブランドや価値を最大限高めるのに役立てることも可能です。

ISO22000の審査基準は、食品の取り扱いにおいて安全な管理体制が置かれているかどうか。特に危害要因の分析を重視されているところがあり、食中毒や消費期限食品の取り扱いに対して管理体制が徹底されているかが重要です。
また、現場での作業工程が整合化しているかどうかも重要視されており、フローダイアグラムの工程を元に適正な状態にあるかどうかチェックされます。これらの審査を通過することによって、食の安全が守られた店舗や企業であることが認知されるISO22000の取得が実現します。確実に取得を目指すのであれば、事前にコンサルティングのサポートやセミナーでの勉強会に参加し攻略方法をマスターしておきましょう。